南アフリカランド運用に最適な業者 - FXで始める資産運用入門~目指せ!億万長者~

合計49000円 FX業者 現在開催中のキャンペーン情報
見逃し厳禁のキャンペーン情報を随時掲載中。
※大量の取引が必要な条件のキャッシュバックは載せていませんので初心者でもリスクゼロで達成できます。期日や詳しいキャッシュバック条件は各FX業者のサイトをご覧下さい。

XEMarkets
①口座開設だけで5000円ボーナス
②初回入金で入金額の100%ボーナス
③5万円以上入金&1万通貨の取引で7000円キャッシュバック

YouTradeFX FXDD FxPro FxNet IFC Markets Pepperstone
①5万円以上入金&1万通貨の取引で5000円キャッシュバック

FXプライムbyGMO
①口座開設後ログインで100円キャッシュバック
②初回入金で400円キャッシュバック
③1回以上の取引で2000円キャッシュバック
④新規10万通貨以上の取引で2500円キャッシュバック
⑤口座開設後10日以内に上記①~④の条件を満たしたら2000円キャッシュバック

みんなのFX
①往復5万通貨以上の取引で5000円キャッシュバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南アフリカランド運用に最適な業者

私がFXを始めた頃は、南アフリカランドを取り扱っている業者はあまりなかったのですが、
2006年に南アフリカランドがFX投資家の間でブームとなり、
現在ではほとんどの業者で取り扱うようになりました。

FX初心者は一体どの業者を選べばいいのか迷ってしまうと思います。
ここでは業者選びのポイントを解説します。

重要視するのは、スワップの高さ業者の信頼度です。

スワップ狙いの長期投資なので、
当然スワップが高い業者が有利なのは言うまでもありません。

スワップが高い業者と低い業者では30%ぐらい差があるので、
長期間の運用では大きな差が生まれてしまいます。

業者の信頼度も重要です。FXには信託保全制度があるので、
たとえ業者が倒産しても業者に預けてある資金は全て返ってくるので、その点は安心です。

しかし、保有している外貨は決済しなければならないので、
別の業者に資金を移動して、もう一度買い直す必要があります。

資金を移動するにも買い直すにも手間と取引コストがかかるため、
信頼度が高く、倒産しにくい業者で運用するのが望ましいのです。

取引コスト(スプレッド)は安いに越したことはありませんが、
頻繁に売買をするわけではないので、スワップの高さの方を重視します。

厳選! 南アフリカランド運用おすすめ業者

FX業者

スワップ

手数料

スプレッド

売買単位

初回入金額
1位フォーランドフォレックス16円無料7銭1万規定なし
2位マネーパートナーズ【FX-nano】14円無料1銭100規定なし
3位サイバーエージェントFX14円無料2.5銭1万1万円
4位FXプライム8円無料3銭1000規定なし
※2011年4月19日時点のデータです。
【スワップ】 1万ランド当たりの数値です。
【初回入金額】 口座を開設するのに必要な金額。
          入金した後は出金して残高が0円になっても構わない。


1位 フォーランドフォレックス
スワップの高さに命を掛けているような業者。
毎日他社のスワップを比較・調査して、スワップ額を決めているほどの徹底振りです。


2位 マネーパートナーズ【FX-nano】
FX専業者初の上場企業で信頼度抜群です。
業界唯一、100ランドから売買できるのが大きなメリットです。
1ランド12円の場合、レバレッジ2倍でも600円の超少額で運用できるので、
FXを始めたばかりの初心者にもうってつけです。
※「FX-nano」の口座開設は、マネーパートナーズの通常口座「パートナーズFX」を開設後ログインして、会員専用サイトから申し込みます。申し込み後、すぐにトレードできます。


3位 サイバーエージェントFX
サイバーエージェントグループの子会社で信頼度も高く、
南アフリカランドのスワップが高いことで有名です。
スプレッドが2.5銭と狭く、コストパフォーマンスに優れています。


4位 FXプライム
伊藤忠グループの子会社で信頼度抜群。
1000ランドから売買できるのが最大のメリットです。
1ランド12円の場合、レバレッジ2倍でも6,000円の少額で運用できるので、
FXを始めたばかりの初心者にもうってつけです。


必ず複数の業者で運用しよう
どんな大手業者でも倒産のリスクはあります。

国よりもFX業者が倒産する可能性の方が高いのですから
必ず複数の業者で運用するようにしましょう。

例えば、運用資金が100万円ならば

・50万円をでマネーパートナーズ運用
・50万円をフォーランドフォレックスで運用
・予備口座にサイバーエージェントFX

というように2社で運用すれば、それぞれの業者の長所のいいとこどりができて、
なおかつ、業者リスクを分散することができます。

運用資金が少なければ無理に分ける必要はありませんが、
万が一、業者が倒産しても、すぐに別の業者で運用を開始できるように
予備口座はもっておきましょう。


ご訪問ありがとうございます!
記事が参考になった方は、応援クリックをよろしくお願いします。
ランキングアップが更新の励みになります。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://fxkanzensyosinsya.blog101.fc2.com/tb.php/195-28c3a799

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。