FC2ブログ

複数の業者を使い分けなければならない理由 - FXで始める資産運用入門~目指せ!億万長者~

合計49000円 FX業者 現在開催中のキャンペーン情報
見逃し厳禁のキャンペーン情報を随時掲載中。
※大量の取引が必要な条件のキャッシュバックは載せていませんので初心者でもリスクゼロで達成できます。期日や詳しいキャッシュバック条件は各FX業者のサイトをご覧下さい。

XEMarkets
①口座開設だけで5000円ボーナス
②初回入金で入金額の100%ボーナス
③5万円以上入金&1万通貨の取引で7000円キャッシュバック

YouTradeFX FXDD FxPro FxNet IFC Markets Pepperstone
①5万円以上入金&1万通貨の取引で5000円キャッシュバック

FXプライムbyGMO
①口座開設後ログインで100円キャッシュバック
②初回入金で400円キャッシュバック
③1回以上の取引で2000円キャッシュバック
④新規10万通貨以上の取引で2500円キャッシュバック
⑤口座開設後10日以内に上記①~④の条件を満たしたら2000円キャッシュバック

みんなのFX
①往復5万通貨以上の取引で5000円キャッシュバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

複数の業者を使い分けなければならない理由

FXをしている人で1社だけしか口座を持っていないという人はあまりいません。
すべての条件が完璧に揃った万能のFX業者は存在しないからです。


もし万能のFX業者が存在してしまうと、顧客はすべてそこに集まり、
他の業者は淘汰されてしまいます。それでは競争にならす、
競争を忘れた業界は衰退していくからです。


万能の業者が存在しないのならば、一体どういう業者を選べばいいのか?
答えは簡単です。複数の業者を使い分ければいいのです。


1.目的や取引スタイルに応じて口座を使い分ける
FX業者の選び方でも解説していますが、FX業者は

・情報やサービスが充実している業者
・スワップが高い業者
・スプレッドの狭い業者(取引コストが安い)
・取扱通貨ペア数が多い業者
・1,000通貨から売買できる業者

というように、各社特色を出して差別化を計っています。


頻繁に売買を繰り返す短期売買は「スプレッドの狭い業者」
スワップ狙いの中・長期の投資は「スワップが高い業者」
情報収集は「情報やサービスが充実している業者」

というように

目的や取引スタイルに応じて使い分けることで、
それぞれの業者のいいとこ取りをすることができます。



2.業者リスク分散のために口座を分ける
業者リスクの代表的なものは
・倒産リスク
・サーバーダウンリスク
があります。


・倒産リスクとは
FX業界は競争が激しいため、多くの業者が倒産に追い込まれています。


FXには信託保全制度があるので、たとえ業者が倒産したとしても
業者に預けた資産は全額返ってくるのでその点は安心です。


しかし、保有しているポジションは決済しなければならないので、
他社に資金を移して、もう一度買い直す必要があります。


資金を移動するにも買い直すにも手間と取引コストがかかります。
1社だけに大金を預けて運用していると、心理的な負担にもなります。


例えば100万円を運用するなら、
A業者50万円、B業者50万円、C業者予備口座というようにすれば、

万が一、A者が倒産したとしても、
すぐにC者に資金を移すことができて、
買い直す取引コストも半分になります。


銀行にお金を預ける場合でも、
一つの銀行に大金を預けている人は
あまりいないと思います。


FX業者も銀行と同じく、
必ず複数の業者で運用するようにしましょう。


運用資金が少なければ無理に分ける必要はありませんが、
万が一の倒産に備えて予備の口座は持っておきましょう。



・サーバーダウンリスクとは
世界経済を揺るがすような大きな事件や
出来事が起こった時は注文が殺到するために、
FX業者のサーバーがダウンしたり、
システムトラブルが起こることがあります。


サーバーがダウンしてしまうとログインできなくなるので、
取引ができなくなります。


サブプライムショックのときは注文が殺到したために、
多くの業者でサーバーダウンが起こり、
大きく儲けるチャンスを逃してしまったり、
取引ができない間に大きく値が下がって大損してしまった人もいます。


サーバーがダウンしないまでも不安定になり、
注文がなかなか通らなかったりすることもあります。


東日本大震災後の3月17日に、
ドル円が16年ぶりに最安値を更新したときは
サーバーが不安定になる業者が現れ、
注文がなかなか通らない事態が発生しました。


レバレッジを大きく掛ける短期売買では、
わずかな値動きで大きな損失を被ってしまう可能性があるので、
サーバーダウンリスクは死活問題です。


私がFXを始めた頃はまだFX業界が未成熟だったため、
サーバーダウンはそれほど珍しいことではありませんでした。


最近は昔に比べるとサーバーダウンが起こる可能性は
かなり低くなっていますが、それでも油断は禁物です。


複数の口座を持っていれば、
たとえ1社でトラブルが起きても、
すぐに別の業者で対応することができます。


例えば、ドルを買っていたが、
ドルが値下がりして損切りをしようした時、
サーバーダウンでログインできなくなってしまいました。

こういう時は慌てずに他社でドルを売ることで、
損失の拡大を防ぐことができます。


中・長期投資ではあまり気にする必要はありませんが、
短期売買をするなら、


サーバーダウン対策のため、

必ず複数の口座を持っておきましょう。




一般的に大手業者はサーバーにお金をかける余裕があるのでサーバーが強く、
スプレッドが狭い短期売買向けの業者は薄利多売なので、
サーバーにお金をかける余裕がなくサーバーが弱いと言われています。


サーバーが強いと評判のFX業者を4つ紹介します。
いずれも大手の業者ばかりなので、これらの口座を複数持っておれば、
サーバーダウンは恐れるに足らずです。


サーバーが強いと評判のFX業者
外為オンライン
過去に金融庁から「サーバーを強化せよ」との行政処分を受けたおかげで、
サーバー拡張を繰り返し、ほとんどサーバーダウンをしなくなったと評判です。
スプレッドが狭い短期売買向け業者の中では、最高レベルのサーバーです。
3年連続取引高ナンバーワンがそれを証明しています。

マネーパートナーズ
FX業界最強サーバーとも言われる「スーパードーム」を使用しています。
スーパードーム導入後、処理能力が従来の10倍にも強化されました。

クリック証券【FX】
FX業界最強サーバーとも言われる「スーパードーム」を使用しています。
スーパードーム導入後、処理能力が従来の10倍にも強化されました。

FXプライム
業界最高レベルのサーバーとの評判です。
スプレッドも完全固定で、開業以来一度も拡大したことがありません。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://fxkanzensyosinsya.blog101.fc2.com/tb.php/212-9c5c66cf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。